株式投資
はじめに 株購入ガイド 基礎編 応用編 実践編 投資コラム

株式投資 1億円への道

株主優待の意味と落とし穴

株主優待の意味と落とし穴イラスト
イラスト : 愛豚貯金箱.net 小雪さん
株主優待ってなに?

株主優待とは株主に対して与えられる優待制度です。株主は企業が提供しているサービスの「タダ券」「割引券」や「自社製品」などを受取ることができます。

有名なものでは、牛角を運営しているレインズインターナショナルの「お食事券」や、ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドの「1日パスポート」などがあります。

また、スポーツ用品メーカのサロモン&テーラーメイドによる株主限定ネット通販(優待価格)などもユニークな株主優待です。

株主優待の意味 (1)

株主に自社の製品を知ってもらう、試してもらうことが目的です。

それにより株主が自社製品を良いものだと感じれば知人などに薦めることも出来ますし、悪いものだと感じれば経営者に対して意見を言う、または株式を手放すという判断も出来ます。

株主優待の意味 (2)

株主優待には自社で提供している商品やサービスを、株主に通常価格よりも安く提供できるという意味もあります。市場に流通している商品やサービスの価格は「原価+経費+利益」で決まっているのですが、株主に対しては「利益」を除いた価格で提供できるのです。

株主優待はお得?

決して得というワケではありません。例えば「5000円分のお米券」が送られてきたとします。この「お米券」を買ったお金は株主資本、つまり株主のお金から支払われているワケです。

それならブッチャは「お米券」ではなく現金で送って欲しいと思います。

先ほど説明したように株主優待の意味は「株主に自社製品を知ってもらう」ことです。自社で扱っている製品・サービスとは全く関係のない株主優待は、「株主資本の無駄遣い」「経営者の自己満足」「株主優待の意味を理解していない」と言えます。

株主優待の意味も理解していない経営者が経営する企業の株を買いたいと思いますか?

ブッチャの株主優待に対する考え方

確かに株主優待が送られてくると嬉しい気持ちになってしまうのですが、株主優待の「ある」「なし」で銘柄を選ぶことはありません。また、そういった基準では絶対に選んではいけないと考えています。

例えて言うなら、株主優待で株を選ぶと言うことは、「おまけ」をもらって割高な商品を買わされてしまうようなものです。

[ ← 配当金の魅力と落とし穴 ] [ 良い企業と良い投資先の違い → ]

≪ 第5部 ブッチャの投資コラム ≫
チャートを利用した投資方法
配当金の魅力と落とし穴
株主優待の意味と落とし穴
良い企業と良い投資先の違い
大金投資が醍醐味です
実践経験を積むべし
成長と割安でダブルパンチ
複利のチカラで億万長者
≪ 読んでおきたい5冊 … 管理人おすすめの株式投資の書籍 ≫
ƤλZAiäֳ
人気投資雑誌ZAIが作った株投資の入門書
12ФǤ狼!軻ɤ~ΤȤΤ餺ˡּҲ͡פˤʤäƤޤäͤβ~
決算書の理解は投資の基本中の基本です
ޥ 󡦥Хեåȡ줪⤷ȤΡ٤Υ롼 (̼+ʸ)
世界1の投資家バフェットをマンガで学ぶ
볹ΥࡦǤο
ベテランは必ず読んでいる歴史的名著
˻ӥͥޥǤ³ 5ߤ7000ߤĤΩ (ӥͥ)
毎月5万円で7000万円を作る投資法

はじめに 株購入ガイド 基礎編 応用編 実践編 投資コラム
管理人のブログ 本気の株式投資ブログ … 株式投資や経済について本気の考察を綴っています。

Copyright (C) 2005-2017 株式投資 1億円への道 by Quorico All Rights Reserved.
コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン