TOP はじめに 初級 中級 上級 メルマガ ホームページ 投資 その他
副収入の達人

証券会社の選び方

ブッチャが使った証券会社

大和証券 : ミニ株が豊富なので最初に開設。手数料が非常に高いのでカブドットコムに移行。
  ↓
カブドットコム証券 : 高機能なシステムが魅力だが手数料は若干高いのでSBI証券に移行。
  ↓
SBI証券 : 手数料は業界最安水準。商品数や情報サービスも充実。ネット証券最大手。

資産規模とともに適する証券会社も変わってくるのですが、最終的には「SBI証券」で落ち着きました。今では周りの人から「株式をはじめたい」と相談を受けると必ずSBI証券を薦めています。特殊な目的(デイトレ、アイドルファンドなど)がない限りはSBI証券で間違いありません。

詳しくは「おすすめの証券会社一覧」を参考にお選びください。

証券会社を選ぶポイント

≪信頼度≫
お金が関係することなので、信頼できるそれなりに大きな会社をオススメします。

≪コスト(取引手数料や管理料)≫

ここが一番重要です。100万円の取引をすると5000円以上の手数料がかかるところから、1000円以下で済むところまであります。往復(買い・売り)で考えればこれだけで8000円も差がついてしまうのです。

≪品揃え≫

国内株式以外の商品(中国株、投資信託、ミニ株、債権など)を取引したいと思っている人はこの点も重視する必要があります。私は国内株式のみの取引なので品揃えは気にしていません。

≪高機能システム≫

システムの安定性やレスポンスはもちろんのこと、高機能なシステムを提供している証券会社もあります。カブドットコムの自動売買は評価が高いようですね。

≪情報提供サービス≫

それぞれの証券会社が独自の情報を提供していますが、インターネット上で見ることができる無料情報で十分なので特に重視する必要はありません。

ミニ株ってなに?

普通株の10分の1の単位で購入することができる商品。

例えばトヨタなら株価4110円(04/10/18終値)の単位100株なので、通常は「41万1000円+手数料」からしか買うことができないのですが、ミニ株であれば10分の1の「41100円+手数料」から買うことができます。

一般的に投資額が少ない人が銘柄を分散させたい場合に使います。

[ ← 複利のチカラで億万長者 ] [ おすすめの証券会社一覧 → ]

≪ 投資クラス ≫
TOP はじめに 初級 中級 上級 メルマガ ホームページ 投資 その他

Copyright (C) 2004-2017 副収入の達人 by Quorico All Rights Reserved. (
コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン