TOP はじめに 初級 中級 上級 メルマガ ホームページ 投資 その他
副収入の達人

読みやすい文章の書き方

ホームページは読みづらい

紙の媒体に比べパソコンの画面で文字を読むことはとても疲れます。そのことを意識したうえでホームページでは読みやすい文章を書くよう努力しましょう。

背景色「白」、文字色「黒」が基本です。インパクトを与えたい部分や、デザイン性を重視する部分は白黒にこだわらなくても構いませんが、長い文章は白黒にすることで少しでも読み手の負担を軽減しましょう。

文字サイズ

一般的に固定しないほうが良いとされていますが、ブッチャは本文を11pt前後に設定することが多くなっています。小さくするにしても10ptより下げないほうがよいでしょう。ブラウザ側での文字サイズ変更を許可したい場合にはサイズを「90%」「80%」という風に指定します。

行間は130〜150%

スタイルシートを使って行間を空けるよう設定しましょう。130〜150%がおすすめです。行間が0%と40%では、読みやすさに雲泥の差がでます。

難しい言葉は使わない

難しい言葉や専門用語は使わないようにしましょう。あなたにとっては一般的な言葉でも、訪問者に分からない言葉はたくさんあります。もし、使いたい場合は注釈をいれたり、説明が書いてあるページにリンクするようにしてください。

漢字の使い方

多くの漢字を使ったほうが頭が良く思われると勘違いしている人もいますが、漢字は少なめにするよう意識してください。例えば「読み辛い」より「読みづらい」、「読み易い」より「読みやすい」、「差が出ます」より「差がでます」、「尚」より「なお」、「下さい」より「ください」といった感じです。

句読点の使い方

ブッチャは国語の先生ではないので正しい句読点の使い方というものは分かりませんが、読む人が読みやすいように意識して付ければ良いと思います。

句読点と合わせて、中黒(・)や括弧(「」)を効果的に使うと、さらに読みやすい文章になります。

段落を多めにつくる

ブッチャは3行程度に1度、段落をつくるようにしています。これは、4行、5行、6行と段落なしで文章が続くと、非常に読むのが大変だと感じたためです。

小見出しをつくる

ホームページ上の文章は、1つの文章にいくつもの内容を入れるよりも、内容ごとに細かく小見出しをつけたほうが理解がしやすくなります。また、長い文章に比べて、短い文章を複数書くほうが書きやすいため、書き手にとっても優しい方法だと言えます。

読み手の視点

読み手の視点は無意識に左上から右下にすすみます。このリズムを崩すと、読み手に大きなストレスを与えてしまうので注意してください。

[ ← ホームページ作成のコツ ] [ 目玉コンテンツの作り方 → ]

≪ ホームページで副収入 - ホームページ作成 ≫
≪ 読んでおきたい10冊 … 管理人おすすめのアフィリエイト関連書籍 ≫
եꥨȤãֺ
基礎から総合的に学べる達人養成講座
ܵDzԤΡ֥եꥨȡפο¤ȥΥϥ
中〜上級者は読んでおきたい名著
ؤ⤫ եꥨȤǷ50 (Ҳʸ)
元祖主婦カリスマアフィリエイターの本
Ȥ뤫󤿤 SEO&SEM
SEOは基本だけ抑えておけば大丈夫
ǤݥåȻŻ ȤäƳФHTML&CSSδܤޥǤ  Internet Explorer7/6б (Ǥݥå)
手元に置いておけば作業効率UPします
! ʸϤȤˤĤ (ä狼!"꡼)
伝わる文章力は収入に直結します
ξȤ! 뤷ߤϤĤ
通販の天才から学び取る商売のコツ
奬ޥΥޡƥ30ˡ§  ҤΤäƤޤŪȥꥬȤ
心理的トリガーで広告収入が倍増
ά (ӥͥCOMIC)
弱者が勝つための最強ビジネス兵法
㤵˳㤵
良くも悪くも一度は読んでおくべき本
TOP はじめに 初級 中級 上級 メルマガ ホームページ 投資 その他

Copyright (C) 2004-2017 副収入の達人 by Quorico All Rights Reserved. (
コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン